みことばカード

聖書のみことばを
全ての方に!
それは、からし種のようなものです。それを取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。
0

    10月6日(火)

     

    今日は、詩編100篇と、ルカの福音書13~14章を読みましょう。

     

    「そこで、イエスはこう言われた。

    『神の国は、何に似ているでしょう。何に比べたらよいでしょう。それは、からし種のようなものです。

    それを取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。』

    またこう言われた。

    『神の国を何に比べましょう。パン種のようなものです。

    女がパン種をとって、三サトンの粉に混ぜたところ、全体がふくれました。』」

    (ルカの福音書13:18~21)

     

     からし種は小さな種ですが、3メートルにも及ぶ大きな木になり、そこに鳥が来て、実った種を食べるそうです。

    パン種もほんのわずかでパンを大きく膨らませます。

     

     他方、神の国は死後の天国を指す語であるとともに、地上の教会(信者の群れ)を指す語でもあります。

    この場合は、地上の教会を指しています。このたとえ話の通り、のちに信者の数は急速に増え、今も増え続けています。

     

    「また、イエスは、自分を招いてくれた人にも、こう話された。

    『昼食や夕食のふるまいをするなら、友人、兄弟、親族、近所の金持ちなどを呼んではいけません。

    でないと、今度は彼らがあなたを招いて、お返しすることになるからです。

    祝宴を催すばあいには、むしろ、貧しい人、不具の人、足なえ、盲人たちを招きなさい。

    その人たちはお返しができないので、あなたは幸いです。義人の復活のときお返しを受けるからです。』」

    (ルカの福音書14:12~14)

     

     報いを求めて何かをするのではなく、報いを求めないで人を愛することを教えています。

    神はそういうお方であることを教えています。

     これは地上の教会であるべき姿を教えてもいます。また天上の神の国(天国)の様子も教えています。

    イエス・キリストはこのように私たちの地上での具体的な生き方を教えました。

    聖書検定で難解な聖書を優しく理解し世界を知ろう!

    聖書検定は聖書から出題される検定試験です。

    素晴らしく分かり易い聖書検定公式テキストによって、

    膨大で難解な聖書を理解し優しく学習することができます。

    クイズ感覚で楽しみながらステップアップ!

    5級から2級までは通信スタイルで時間や場所を問わずマイペースで随時受検!

    歴史・文学・芸術の理解。生涯学習。海外赴任や留学に聖書理解。

     

    みことばアート(みことばカード)

    神様の愛と、恵みと、救いと、癒しに満ちた聖書のみことばからイメージした作品です。

     

    たいせつななかま The body of Christ.(みことば音絵本)

    聖書のみことばから、丘の上の一本の桜の一年を各部分になぞらえ、

    このみことばから与えられたイメージを絵本にしました。

     

    ひかり子ちゃんのクリスマス(みことば音絵本)

    ひかり子ちゃんが大好きな親友、めぐみちゃんに誘われて、

    初めて教会を訪れます。

    やがて初めてのクリスマスを教会で迎えたひかり子ちゃんは、

    二千年も前の「イエス様誕生」に立ち会う事になります。

    | - | 00:00 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    • 1/1PAGES